普通免許とは

合宿免許でなら、普通免許を楽々取得することができます。そもそも合宿での運転免許において取得することができる普通免許とはどのような免許のことなのでしょうか。

今回、何もわからないといいう方々に明確にお話ししましょう。

おすすめの免許合宿:ムーチョ

普通免許取得とは

そもそも私達は、普通免許取得によってどのようなクルマを運転することができるのでしょうか。就職活動などしている人たちは、資格の欄に記入するとき、運転免許は正式な名称で書きましょうと言われることがあります。

普通免許取得の場合なら、「普通自動車第一種運転免許」と記載することが正しい方法です。

更に中型という人たちもいらっしゃるでしょう。そのような人たちは、「中型自動車第一種運転免許」という記載が正しいです。

履歴書に書くものがないから運転免許取得という方々もいらっしゃるかもしれないですよね。そのような場合でもやっぱりスムーズに免許取得出来るのが合宿免許です。

普通免許取得で運転出来るもの

普通免許取得で運転出来るクルマは一目瞭然、そんなことがわからないの?とタカをくくっている人たちもいるかもしれないですよね。しかし、そのような人たちも注意しなければならないのは、運転できるクルマは改正によって変わる可能性は充分にあることです。

例えば、2017年3月12日からは、「準中型自動車」の新設がされることになりました。「準中型自動車第一種運転免許」というものが新しく登場したことによって、いままで運転することができていた車種も、新しい普通自動車免許では乗れなくなってしまうということがあります。

引っ越しで使っている2トントラックは運転出来ない

引っ越しで頻繁に使われる「2トントラック」は、当たり前に普通免許取得で乗ることができると考えているのかもしれませんが。残念ながら新しい普通免許取得では乗ることができないのです。

では、新しい普通自動車免許で何が運転出来るのかと言えば、トヨタダイナ1.0tonシリーズ ダブルキャブ、いすゞエルフ、またフルフラットローシングルタイヤなどであり、トヨタダイナ1.0tonシリーズ ダブルキャブ、いすゞエルフ・フルフラットローシングルタイヤまでということになります。

普通免許取得ではこのようなクルマに乗ることができる

普通自動車とは、 大型自動車、中型自動車、準中型自動車、大型特殊自動車、さらに大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車のことです。

車両総重量が3,500kg未満のクルマ。最大積載量が2,000kg未満のクルマ。乗車定員が10人以下のクルマを言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です