免許更新にかかる時間

合宿免許で運転免許取得し、今頃すいすい運転をエンジョイしていらっしゃることでしょう。

しかし、運転免許証には、更新作業もありますので、それをお忘れないようにしてください。

ここでは運転免許証更新のノウハウについてお話ししたいと思いますが。

免許合宿といったらムーチョ!

免許更新にかかる時間

運転免許証更新なんてお金がかかるから嫌だという人たちもいらっしゃるでしょう。そして、時間がないから面倒くさいと思っている人たちもいるのではないでしょうか。

正直に言えば運転免許証更新はなかなか面倒くさいのは事実です。

しかし、しなければならないというのなら行かなければならないでしょう。会社をお休みして行くという方々も結構いらっしゃるようです。

そこで運転免許証更新には、どの程度時間がかかってしまうのかとても気になる問題ですね。その問題を回答しましょう。時間を有効的に利用するという意味でも運転免許証更新の時間を知る意味はあります。

運転免許証更新の流れ

運転免許証更新では、更新申請書を作成し、更新手数料を支払します。そして、適正検査(視力検査)を受けます。

次は登録受付があり、更に、 写真撮影をして、更新時講習を受講します。

そして、いよいよここで新しい運転免許証を受け取るという流れです。

何か相当時間がかかってしまいそうな嫌な予感もしないではありません……。

それぞれにかかる時間

では、それぞれに対してかかる時間をみてみましょう。

更新申請書の作成は、 5~10分程度と言った感じではないでしょうか。

更新手数料を支払うは、2~3分程度なのです。

いろいろ複雑で時間がかかりそうな予感があったものの、それぞれに対してはこの程度の時間です。

また適正検査(視力検査)を受けることになりますが、10分程度で済ますことができます。

登録受付をするは、2~3分、 写真撮影は、5分と言った感じです。

ただし、そうはいうものの、結構順番待ちしなければならないケースはありますが……。

更に、運転免許証の色、交通違反の回数の程度によって運転者講習のコースが決まっています。受講時間は30分~2時間という感じです。時間に対して違いはありますが、運転免許証更新は、そう簡単にお家へは返してくれないようですね。残念ながら。

運転免許証更新の時間をなんとしても短縮したいという方々は、日々安全運転に心がけるのがいいでしょう。ここでの2時間と30分の差は相当大きいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です